ハイカラ隊とは?

生田の森の精霊(妖精)たち

かつての神戸、生田の森とは六甲山からフラワーロードまで東西に長い森になっておりその森を生田の森と呼んでいました。

その森にある日、3つの玉が森にフワフワと落ちてきたのです。

玉の中で動く影を森の動物たちが不思議そうに眺めていました。

そしてある日の早朝に赤緑青の3つの玉が光始め精霊(妖精)が誕生したのです。

精霊(妖精)たちは、過去の戦や空襲などを影でじっと見てきました。

森の中で精霊(妖精)たちは、森を癒し動物たちを癒してきたのです。

生田の森の妖精は、人間に近く喜怒哀楽の感情もあります。

森の妖精は、人間に近かったのです。

香太郎・オトメ・ベーやんの3体ではなく3人